古銭買取で千円の評価と10万円の評価

古本を売却するとき、業者を選ぶ必要があるのは良く知られています。チェーン店などの場合、アルバイトが査定をします。つまりマニュアルが用意されていて、誰でも査定ができるようにしています。不公平性がないように、発行年数などを基準にしていて、実質的な価値はあまり見ません。一方専門業者は、それぞれの価値を判定してくれます。古銭買取の場合は、古本ほど市場があるわけではありません。チェーン店などは少なく、ほとんどは専門業者になります。しかし、専門業者の中でも、評価が大きく異なる場合があります。ケースとしては、ある店では千円程度の評価しかしなかったのに、別の業者だと10万円の評価をしてくれたなどです。決して珍しいことではありません。古銭買取を良くしている人は、なじみの店や、店主の評価の技量などがわかります。しかし、初めて利用する人はそれがわかりません。ですから、業者の見極めをきちんとするようにしましょう。10万の評価をしてくれるからその人がいいわけでもありません。